Pallaksch × oi

<2nd thursday of even month>

Pallaksch:

美術家という顔を微かに維持しつつ、毎日手に取るレコードを活用できるDJ活動を近年開始する。
フリージャズ、アヴァンギャルドはほどほどに、フォークロア特に沖縄、そしてレコード道の終着地と目する、多様な要素が混成するアフリカを中心に蒐集。
神保町に拠点を準備しながら、沖縄と一昨年に行ったスーダンを皮切りに、土地とターンテーブルの横断をベースにしながら活動中。
幡ヶ谷フォレストリミットを中心に、不定期でアフロオンリーイベント Elephant Jumpingなどを主催。

oi:

某ユニオンの某店で地縛霊のように取り付いてしまっていた所
イデアラ地蔵菩薩の方々に現世復帰の機会を与えられた
電子、前衛、具体、抽象 的なビニール集めを生きがいにしているものです。
DJの腕は未熟では御座いますが、未熟ゆえの奇跡的な音融合を目論んでいますのでお付き合い頂けたら幸いです。